積み木

アパート経営を失敗したくないなら必見|運営する心得

リスクを避けるために

集合住宅

アパート経営は不動産投資においては、比較的安定性のある投資方法ですが、失敗のリスクも存在します。特に需要のある地域であればアパート経営は安定しますが、需要が低下すると収益性が悪化し失敗するリスクが高まります。このためアパート経営を始める前の事前準備が失敗を避ける上で重要です。

経営を成功させるなら

つみき

アパート経営はうまくいくと長期に安定した利益を得ることができますが、運営に失敗している人は少なくありません。アパート経営で失敗しないためにも物件選びは慎重に行い、クレームへの対応など管理もしっかり行いましょう。

中古物件の活用法

男の人

賃貸経営の失敗のリスクを回避する最善の方法は、高利回りが実現しやすい中古物件を購入して、アパート経営を行うことです。不動産会社の紹介する物件を活用したり、賃貸管理会社のサービスを利用するのが、高収益を実現する理想のスタイルです。

上手くいかなかった理由

貯金箱

物件選びと資金計画

アパート経営で資産を築いている方もいますが、中には経営に失敗してアパートを手放すことになった方もいます。アパート経営に限らず賃貸物件の経営の収益は家賃収入なので、入居者の集まらない物件は利益が出ません。物件のある地域でアパートに入居したいという潜在的な需要があるのかを、見落としていたのが失敗の理由の1つでしょう。地域の世帯構成、商業施設や病院、公共機関等からの距離、交通アクセスの良さ等についての調査が足りなかったと言えます。これに加えて、アパートを購入するときに自分の資産や収入では余裕を持って返済していくことができない、ローンを組んでしまったという理由も考えられます。このため、入居者が集まらず家賃が入ってこなくなったときに資金繰りが悪化しローンの返済ができず、経営が破綻してしまうというのも良くあるケースです。また、中古物件を選んでしまったために補修工事やリフォーム費用が捻出できず経営に行き詰ったという事例も良くあることです。木造アパートは10年や20年毎に屋根や壁の張替えが必要になりこの改修コストはかなりの費用となり、さらに室内のリフォームをしなくてはいけません。これらのアパート経営の失敗に結びつくことは事前に調査をして物件の利回りを計算し、アパートから得られる収益の予測し資金計画をしっかりと立てておけば防げる可能性の高いことです。このような事例があるので、アパート経営を成功に導くためには失敗から学ぶことも重要だといえるでしょう。