男の人

アパート経営を失敗したくないなら必見|運営する心得

リスクを避けるために

集合住宅

アパート経営は不動産投資においては比較的参入がしやすいものですが、同時に失敗のリスクもあり、アパート経営をはじめるためには事前の準備が必要になります。基本的なアパート経営をはじめるまでの流れとしては、まずは将来的に収入が得られるかどうかの調査から始まります。事前にその土地や市場調査、経営プラン、資金計画などを考慮します。特にアパートの需要のある地域であることが重要ですが、その需要が将来的にどう変化するのかも考慮する必要があります。自己資金で行う場合にはローンを組む必要はありませんが、可能であれば金融機関からお金を借りて行う方がアパート経営の失敗を避けるためには有益です。理由としては、金融機関はそのアパート経営が上手く行くかどうか審査を行いますが、この際に客観的に見て返済が可能であるかを判断してくれます。このため銀行から融資を受けることが可能であれば少なくとも需要によってアパート経営に失敗するというリスクは低くなります。その後アパートを作り、建物の登記を行い開業届けの提出などが必要です。さらにアパート経営では税金対策も重要で、事前に税務署の各種届け出を行っておくことが必要です。一方で無事にアパート経営を開始できても将来的なリスクもあります。新築時は入居者の募集は容易ですが、古くなってくると難しくなってきます。空室率の問題もアパート経営の失敗に繋がることがあるので、その点も考慮しながら進めていく必要があります。